子ども生活学部

教育理念

子ども生活学部の教育理念・教育目標・人材像

1) 子ども生活学部の教育理念

 「子ども生活学部子ども生活学科」は、子どもの心身の発達と子どもの生活について、子どもが育つ家族や家庭生活、地域の自然環境、社会環境とのかかわりを、総合的、体系的にとらえて、研究や教育、実践活動を行う学部です。家庭や幼稚園、保育所、地域社会など、子どもが育つ領域で、子どもの立場に立って、子どもの健康で豊かな発達を支えることのできる専門的職業人を育成します。
 全人教育を目標とする本学は、人間存在への深い知識と理解をもち、すべての人間に対する愛情と尊重の心を持つ人材を育成することを目的としています。とりわけ育ちつつある幼い子どもを大切にし、生活主体としての子どもが生き生きと育つことができるよう、総合的な視野と見識から、子どもを見守り、育てることができる人材の育成をめざしています。

2) 子ども生活学部の教育目標

  1. 子どもと共に生活を創る人として、子どもの生活の安全に配慮し、豊かな生活・保育環境を創ることのできる能力を育成します。
  2. 幼稚園教諭・保育士など、子どもの成長・発達にかかわる専門職としての資質能力を磨き、自信をもって子どもとかかわる力をつけて、豊かな保育活動等を通して、子どもが主体的に行動できる生活や社会を創りだす能力を育成します。
  3. 子どもや保護者、同僚とのコミュニケーション力、積極的に対人援助をする意欲と能力および地域における世代間交流活動等の支援が出来る専門性を育成します。
  4. 子どもに関連する得意な分野の専門性を深め(リトミック、レクリエーション、キャンプ、音楽療法など)、現場に出て特色のある指導のできる能力を育成します。
  5. 理論を応用する実践力や、実践を振り返り洞察する力を育成します。

3) 子ども生活学部のアドミッションポリシー

  1. 子どもが好きで、保育および幼児教育者に必要とされる基礎学力を身に着けている学生
  2. 子どもの発達、子育て、教育さらに子どもを取り巻く生活・社会環境に高い関心を持つ学生
  3. 子どものみならず大人の生活も含めて、人間が生活することを主体的に考えられる学生
  4. 卒業後、子どもを対象とした職業に就くことを希望し、学ぶことを望んでいる学生
  5. 将来幼稚園、保育所、認定こども園、児童福祉施設等の経営を考えている学生

4) 子ども生活学部で養成する人材像

 子ども生活学部では、卒業後の進路から、子どもの教育、福祉に貢献する次のような5つの進路を考慮して、それぞれの分野に必要とされる能力と資質を育てます。

(1) 幼稚園、保育所、認定こども園、児童福祉施設などで保育に携わる専門家として必要な資質と能力を育てます。

 子どもの生活と心身の発達に知識と理解を持ち、子どもを生活と学びの主体として育てることのできる人材を育てます。幼稚園教諭、保育士、両方の免許・資格を取得して指導力と専門性を持って活躍できることを目標とします。

(2) 家族及び家庭生活についての知識と理解を持ち、親や家族、地域の子育てを支援する専門性を育てます。

 子どもが育つ基盤である家族と家庭生活の現状を理解し、子どもの両親や子どもを取り巻く身近な人々の悩みや困難を理解し、親子関係や家族関係の在り方について、実践的な相談や支援をすることができる人材を育成します。

(3) 子どものための施設や幼稚園、福祉施設の経営・管理・運営ができる能力を育てます。

 地域社会にある子どものための広場、親子広場、ミュージアム、子ども動物園、子ども植物園などさまざまな施設の経営や管理・運営に携わる専門家として、子どもの心身の発達や生活を十分理解して、必要な経済、経営に関する知識やマネジメントの能力を持つ人の育成を目指します。幼稚園、保育所などの経営者として保育と経営の両方の知識、経験を持つ人材を育てます。

(4) 子どもの発達と生活を総合的に理解し、子どもの立場に立った産業や事業に携わる専門家を育てます。

 子ども関連の商品やサービスを提供する産業分野において、子どもの立場を代弁し、安全で成長に役立つ商品(文具、文化財、生活用品、食品)やサービスなどの企画・開発・製造・流通・販売等の仕事ができる専門家を養成します。

(5) 小学校との連携を理解した幼稚園教諭、幼稚園・保育所の実情を理解した小学校教諭、特別支援学校教諭の養成を支援します。

 幼稚園教諭と保育士資格と合わせて、通信制課程大学である星槎大学との連携で、小学校教諭一種免許、特別支援学校教諭一種免許が取得できます。免許・資格を重ねて取得することによって、幼児教育・小学校教育に精通した教育者を養成します。

5) 子ども生活学部の学位授与方針(ディプロマポリシー)

 子ども生活学部に4年以上在学し、所定の授業科目及び単位数を修得したものについて、以下の方針に基づき、教授会の議を経て、学長が卒業を認定します。卒業した者には、学士(子ども生活学)の学位を授与します。

  1. 子どもの生活と心身の発達に知識と理解を持ち、子どもを生活と学びの主体として育てることのできる人材
  2. 家族及び家庭生活についての知識と理解を持ち、親や家族、地域の子育ての営みを支援する人材
  3. 子どものための施設や幼稚園や福祉施設の経営・管理・運営に将来携わる人材
  4. 子どもの発達と生活を総合的に理解し、子どものための産業や事業に従事する人材

 既定の必要な単位を取得することにより、卒業時に、次の資格取得が可能となる。

  1. 幼稚園教諭一種免許状(国家資格)
  2. 保育士資格(国家資格)
  3. リトミック指導者1級、2級資格(民間資格)
  4. レクリエーション・インストラクター資格(民間資格)
  5. キャンプ・インストラクター資格(民間資格)
  6. 音楽療法士2種(民間資格)
  7. 幼稚園・保育所・児童福祉施設経営講座修了書(本学にて認定)

 なお、通信制課程大学である星槎大学との連携により、小学校教諭一種免許、特別支援学校教諭一種免許も取得可能である。

6) 教育課程編成の考え方及び特色(カリキュラムポリシー)

(1) 教育課程編成の考え方

 全人教育を目標とする本学は、すべての人間に対する愛情と尊重の心を持つ調和のとれた人材を育成することを目的とする。そして、子ども生活学部では、育ちつつある幼い子どもに対する深い知識と理解を持ち、子どもが生活と学びの主体として生き生きと育つことができるよう支援する人材を育成する。

 教育課程は、前述した、全人教育を目標として養成する人材像の育成を視野に入れ、まず、(A)教養教育としての基本となる基幹科目を置き、次いで(B)子ども生活理解のための教養基礎科目として一般教養科目を充実させて設置する。これらの基礎教育科目をもとに、(C)将来の子どもに関連する職業に関連する専門教育科目を置くという考え方により、教育課程を編成する。専門教育科目においては子ども生活学部の目的と養成する人材像に基づき、特に、子どもの生活と保育・教育の専門家として質の高い幼稚園教諭、保育士の養成を目指すための教育課程を重視した。

A.全人教育を目的とする基幹科目
B.全人教育のための子どもの生活理解に関する教養基礎及び教養演習科目
C.子どもの生活と保育・教育の専門家を育てる専門教育科目
Ⅰ.保育と教育
・保育・教育の本質と目的の理解
・保育・教育の対象の理解
・保育・教育の内容・方法の理解
Ⅰ~Ⅴに係る演習・実習科目
・基礎技能と教科
・教育・保育実習
・卒業研究
Ⅱ.家庭支援と福祉
Ⅲ.地域と子育て支援
Ⅳ.子ども産業と経営
Ⅴ.音楽療法

 Cの専門教育科目の教育課程の編成においては、前述した養成する人材像と将来の職業コースに対応させて、教育内容を、Ⅰ 保育と教育、Ⅱ 家庭支援と福祉、Ⅲ 地域と子育て支援、Ⅳ 子ども産業と経営、Ⅴ 音楽療法の5つの分類から科目群を編成した。

Ⅰ 保育と教育に分類される科目群は、どのような職業の専門家となる場合でも、子ども生活学部を卒業するに当たって、必ず学んでおくべき教育内容と考え、教育課程表の専門科目の最初に置いて強調している。この教育課程には最も多くの科目を配置しているが、さらにこの内容を次の3つのサブカテゴリーに分け、教育課程の概要を示す表においても教育内容が明確になるように構成した。

  • ・ 保育・教育の本質・目的の理解
  • ・ 保育・教育の対象の理解
  • ・ 保育・教育の内容・方法の理解

 保育と教育に関する科目群を学ぶことにより、子どもの保育・教育とは基本的に何を目的として何をその本質と考えなければならないか、また、保育・教育の対象である子どもについて、心とからだの発達についての知識を持ち、子どもの生活や学びについての理解を深め専門家としての資質を高めることが期待される。さらに、保育の内容・方法についての科目群から、子どもの生活や遊びの中で、どのような配慮や働きかけをすれば、子どもが主体的に学び、どのような発達をしていくことができるかを具体的に学ぶことができるであろう。保育と教育に関する科目は、幼稚園教諭や保育士の資格を取得するために必要な科目を多く含む科目群であるが、同時に「子ども生活学」を学ぶ上で、すべての進路に必要な専門科目の基本としても位置付けている。

 これまで述べてきた教育課程編成の考え方と構成をまとめると、下記のとおりである。

A.全人教育を目的とする基幹科目

 本学の建学の精神である全人教育を目的とする基幹科目としては、社会人としての資質、生活力、コーディネート力、問題解決能力、自己管理能力、倫理観、社会的責任などを育成していくための科目を設置する。4年間の大学での学びの土台を築き子ども生活学全体を見通すための科目、人としての基本的なことがらを理解し保育者としての教養を身につけるための科目、生活者としての基本的な生活する力を滋養するための科目、学生自身の将来を見通すことを目的とする科目を設置していく。

B.全人教育のための子どもの生活理解に関する教養基礎及び教養演習科目

 全人教育のための教養基礎科目として、子どもの生活理解のための教育課程を設定する。基礎教養として生活学の基礎となる法学、社会学、心理学、歴史学、家政学などの様々な学問を配置する。子どもの生活を歴史学、社会学、コミュニケーションの心理学、社会福祉学などの視点から学ぶことで、社会的存在としての子どもを理解し、子どもをとりまく生活の実態と課題についてより深い考察ができることを期待している。
 また、専門教育を受ける土台として、自分自身の健康管理とスポーツを、英語をはじめとする第二外国語の習得、情報処理の技術と実践などの基礎教育を、演習を通して身につける。

C.子どもの生活と保育・教育の専門家を育てる専門教育科目

 教育課程のCの領域は、子どもの生活と保育・教育の専門家を育てる教育課程を配置する最も重要な部分となる。この構成は、前述した子ども生活学部で養成する5つの人材像に基づき、次の5つの科目群を構成している。

Ⅰ.保育と教育

子どもの生活と心身の発達に広い知識と深い理解をもち、子どもを生活と学びの主体として育てることのできる人材を育成する科目群

Ⅱ.家庭支援と福祉

子どもの育つ家庭と地域環境を理解し、親や家族、地域の子育ての営みを支援する人材を育てる科目群

Ⅲ.地域と子育て支援

地域社会の理解と子育て支援の意義、支援技術及び方法を理解し、子育て支援活動に携わる人材を育成する科目群

Ⅳ.子ども産業と経営

子どもの発達と生活を総合的に理解し、子どものための産業や事業に従事する人材を育成する科目群

Ⅴ.音楽療法

音楽療法を取り入れて、乳幼児のひとり一人に応じた保育の質を高める。音楽療法士2種の資格を取得する人材を育成する科目群

(2) 科目構成の考え方及び特色

1. 全人教育を目的とする科目

 本学部では、全人教育を目的とし、かつ、子ども生活学部で養成する人材像を踏まえ、これに必要な基礎的な能力を段階的に育成させることが効果的であると考え、子どもと共に生活を創る能力の育成、幼児教育者・保育者としての資質の養成、専門的基礎能力の育成という3つの視点を設定し、これより科目構成を考えることとしている。

  • (ア) 子どもと共に生活を創る能力育成(基本的な生活習慣、マナー、家事能力、協働性、行動の計画性・準備・実施・後片付け、安全への配慮など)
  • (イ) 幼児教育者、保育者としての資質の養成(好奇心・興味関心を広げる、音楽的芸術的センスを磨く、向上心・意欲・根気を養う、運動能力・機敏性をつける、コミュニケーション能力・協調性、責任感・倫理観を身につけるなど)
  • (ウ) 専門的基礎能力の育成(基礎学力、文章の読解力、論理的思考力、省察・洞察力、対人援助能力、創造的思考力、多面的認識能力など)

 この考えに基づく基礎教養科目(基幹科目、教養基礎科目、教養演習科目)の科目構成を以下に示す。

基幹科目

・「現代の教養講座」は、本学部の特色となる基礎科目であり、人間と社会について深く洞察し、人間の生命や子どもという存在や人間の子育ての営みや歴史について思いを深めるための土台となる科目である。この科目は本学部の教授陣が総力を挙げてそれぞれの専門分野について分担して担当することを予定している。

・現代の教養講座Ⅰ(いのち・こころ・からだ)では、人間の生命や精神、身体について生物学、心理学、歴史学などから追及する科目、保育学、教育学、都市政策学などから洞察を行う。

・現代の教養講座Ⅱ(共感・信頼・共生)では、人間相互の感情、人間関係、性、世代、差異を超えて人間が共に生きることの意味を考察する。

・現代の教養講座Ⅲ(個・集団・社会)では、社会学、臨床心理学、などから自己と集団、社会の関係について知識や理解を深め、その時々の社会状況やトピックスを通して現代社会について考察し理解を深める。

・現代の教養講座Ⅳ(美・宗教・自然)では、世界の美や宗教、自然について美学、宗教学、生態学などの学問から教養を深め、人間理解を深める。

・共和大全人教育講座では、「現代の教養講座Ⅰ~Ⅳ」及び「生活講座」の全人教育の集大成として、自らの人生の目標と価値について、再認識することを学ぶ。

 「生活講座」もまた全人教育を目的とした本学の特色となる科目である。

・生活講座Ⅰ(子どもと生活科学・食育)では、学生自身が自立した生活者であるために、衣食住生活全般について科学的実践的知識を学ぶ。

・生活講座Ⅱ(子ども生活文化)では、諸外国の文化について理解することによって、日本の伝統的な生活文化の在り方について考える。

・生活講座Ⅲ(子どもの生活と経済・経営)では、国民経済の仕組み役割、現状と課題を理解し、子どもの生活との関連について学び、生活時間管理や金銭管理等の在り方を考える。

 この他基幹科目として次の科目を置く。「子ども生活学概論」は、子ども生活学全体を見通す科目として4年間の大学での学びの土台とする。また「職業と家庭生活の設計」においては、将来の進路・職業及び人生設計について考え、自分の将来を計画することを学ぶ。

2. 全人教育のための子どもの生活理解に関する教養基礎及び教養演習科目

教養基礎科目

 社会人としての教養を高め、自分を見つめ、コミュニケーション能力、チームワーク、社会や環境を考える全人教育のための科目として、以下の科目を設置する。

「人間とは何か」「人間と心理」「コミュニケーションの心理学」「子どもと自然環境」「子ども文化論」「子どもの生活と福祉」「日本国憲法」「音楽史」「音楽理論」「社会学」「現代日本史」

教養演習科目

 社会人として、様々な場面でその能力を応用させていくための科目として、以下の科目を設置する。特に、進展する国際化に対応できるよう英語はもちろんのこと、第二外国語として中国語、韓国語を開講する。

「生活技術演習Ⅰ」「生活技術演習Ⅱ」「オーラルイングリッシュⅠ」「オーラルイングリッシュⅡ」「スポーツと健康Ⅰ(講義を含む)」「スポーツと健康Ⅱ(講義を含む)」「中国語Ⅰ」「中国語Ⅱ」「韓国語Ⅰ」「韓国語Ⅱ」「情報処理入門Ⅰ」「情報処理入門Ⅱ」

3. 子どもの生活と保育・教育の専門家を育てる専門教育科目

 幼稚園・保育所・学校などの教育・福祉施設で過ごしている子どもは1日のほとんどを保育の施設で過ごしているので、子どもと接する専門家は、保育所や幼稚園などでの集団保育のあり方(計画・保育内容・指導など)や家庭生活との連携のあり方を学ぶ必要がある。その為に、幼稚園教諭一種免許、保育士資格取得のために文部科学省、厚生労働省から指定された科目を基本に置き、本学部で養成する人材像を見据えて、以下の科目等を設定する。

(ア) 保育・教育の本質・目的の理解の科目

「保育原理」「教育原理」「教育制度」「保育者論」

(イ) 保育・教育の対象の理解に関する科目

「発達心理学」「保育の心理学」「発達支援論」「発達臨床心理学」「教育心理学」「子どもの保健Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ」「異文化理解と子育て」「子ども理解の方法Ⅰ・Ⅱ」

(ウ) 保育・教育の内容・方法の理解に関する科目

「保育内容総論」「保育内容[環境、健康、言葉、表現(身体)、表現(造形)表現(音楽)、人間関係]」「保育指導法Ⅰ・Ⅱ」「保育内容基礎演習基礎Ⅰ・Ⅱ」「保育方法論」「幼児教育課程論」「乳児保育演習Ⅰ・Ⅱ」「フィールドワークⅠ・Ⅱ」

(エ) 家庭支援と福祉に関する科目

「家庭支援論」「家族と子ども」「社会福祉」「児童家庭福祉」「社会的養護」「障害児保育Ⅰ・Ⅱ」「社会的養護内容」

(オ) 地域と子育て支援

「相談援助」「保育相談支援」「保育相談」「異文化理解と子育て」「児童館・放課後児童クラブの機能と運営」「子どもと地域福祉」「レクリエーション概論」「レクリエーション演習Ⅰ・Ⅱ」「野外活動Ⅰ・Ⅱ」

(カ) 子ども産業と経営

「施設経営論」「シティライフ学入門」「子どもと住環境」「NPOコミュニティビジネス論」「子どもマーケティング論」「福祉と産業」

(キ) 基礎技能と教科に関する科目

「音楽Ⅰ~Ⅴ」「リトミックⅠ・Ⅱ」「図画工作Ⅰ・Ⅱ」「幼児体育Ⅰ・Ⅱ」「子どもと生活研究」「言語表現技術」「国語表現」

(ク) 教育・保育実習に関する科目

「保育実習Ⅰ」「保育実習指導Ⅰ」「保育実習Ⅱ(保育所)」「保育実習指導Ⅱ(保育所)」「保育実習Ⅲ(施設)」「保育実習指導Ⅲ(施設)」「教育実習」

(ケ) 卒業研究に関する科目

「子ども理解の方法Ⅰ・Ⅱ」「保育・教職実践演習(幼稚園)」「卒業研究指導Ⅰ・Ⅱ」「卒業研究」

(コ) 音楽療法

「音楽特講Ⅰ~Ⅵ」「音楽療法概論」「音楽療法Ⅰ~Ⅲ」「音楽療法総合演習」「音楽療法実習」

4. 教育効果を高めるための特色ある取組み

 通常、教授法は各教員に任されていることが多いが、本学部では次の教育方法を教員同士が共有することによって、よりよい教育効果をねらうものである。

  1. 1年次・2年次の「フィールドワークⅠ・Ⅱ」の科目で、様々な子どもの生活の場で現場体験し観察記録を取る。その体験を整理し考察し、問題意識の啓発や学習目標の設定等を目的とし、更に子どもの生活・保育に関係する保育内容につなげた「保育内容基礎演習Ⅰ・Ⅱ」の科目で、個別指導および少人数によるグループ指導を行う。また4年次に設置される「卒業研究」及び「保育・教職実践演習(幼稚園)」において、大学での学びと研究の総まとめをする。個別指導およびゼミ形式の授業を取り入れて、学生ひとり一人の特性を見極めた指導をしていく。
  2. 科目間の連携を図り,教員間の教育内容の連携指導をしていく。
    特に幼稚園教諭・保育士養成教育課程編成においては、科目間の関連が密であり、関連なしには学生の保育に対する理解が得られないからである。具体的には、大きく分けると、以下の5つの科目群がある。
    • 保育の本質・目的の理解に関する科目
    • 保育の対象の理解に関する科目
    • 保育の内容・方法の理解に関する科目
    • 保育の技能に関する科目
    • 実習、保育・教育実践演習に関する科目
    これらの科目群の教育内容は、保育の目的、内容、方法、技法・技能、実践という流れで設定されており、全ての科目が繋がっており、最後の実習で統合される仕組みになっている教育課程である。従って、科目間、教員間が連携せざるを得ないのである。そのことを踏まえて、各科目の担当者で話し合い、科目間の連絡を密にして教育を実施していく。
  3. 小グループや集団指導による学びあい、心理劇、ロールプレイなどにより、自己表現力やコミュニケーション能力、協働・協力関係を促進できる力を育てる指導のプログラム。1年次から4年次までの学生の成長を促す教育方法を、教員間で連携しながら選択して実施していく。
  4. ポートフォリオ評価法等により、学生の学びと、教員の評価の記録をファイルして履修カルテを作成し、学びの成果を学生と教員が共有し学習の効果を確認していく指導法。4年間の指導の内容と学生の育ちが見える成果を期待したものである。