共和大学からのお知らせ

お知らせ

「大学生によるまちづくり提案」で優勝した本学学生代表チームが市長との意見交換会に出席しました

昨年12月に宇都宮市役所において開催された「大学生によるまちづくり提案2021」(主催:うつのみや市政研究センター)において、上位3位までに入賞した団体が1月20日に市長との意見交換会に出席しました。

本学からは、優勝した宇都宮市創造都市研究センターアントレプレナー研究グループⅭ班の「田川活性化プロジェクト~昼は楽しく夜も明るい文化・創造都市宇都宮~」で代表を務めた本学シティライフ学部2年の宇梶宏海さんが出席しました。
宇梶さんは、同席した同じチームの安野巧真君(作新学院大学経営学部3年)、中野文華さん(作新学院大学人間文化学部3年)をともに佐藤栄一市長に提案内容を説明しました。
苦労した点として学生から、田川でのイベント開催の際の行政関係の様々な許可取得を申し上げたところ、市長からは、ご自身の若い頃にも宇都宮市の中心市街地活性化のための取り組みでそのような経験をされたとのお話がありました。
また、市長より、中心市街地の活性化のために、田川沿岸だけでなく、宇都宮駅東口に今年11月に完成予定の複合施設前の広場も一体的に活用することをご提案いただきました。

参加した宇都宮大学の2チームと合わせ、1時間弱にわたり終始和やかな雰囲気で意見交換が行われました。