共和大学からのお知らせ

お知らせ

「親子遊びの会」を開催

本学子育て支援研究センターによる「親子遊びの会」では、遊びの支援、親子関係の支援、親子同士の繋がり作り支援を目的に、さまざまな遊び・活動を行っています。対象は、地域の未就学児をもつご家庭。参加者が主体的に活動することを大切に、教員・学生が事前の準備、当日の運営や援助を行っています。
今年度4回目となる「親子遊びの会」(12月3日)は、「こども歳末大売り出し」。保育実習室の入口は紅白の看板とお正月飾りに彩られ、一歩入ればそこは酉の市さながらのにぎわいです。「お正月飾り作り」、「焼きそば」、「的当て」、「子ども銀行&お財布屋さん」・・どのお店も、ダンボールや毛糸、ペットボトルの蓋、新聞紙などを利用した品物や遊びが
工夫され、保育のアイディアが満載のお店屋さんごっことなりました。子どもたちは、お客さんになったり、お店屋さんになったり、目を輝かせて遊びに向かっていました。
パネルシアターや、ペープサート、十二支のお話などを楽しむ時間もあり、後半には「おもちつき(ごっこ)」も。子どもたちの溢れんばかりのパワーで「おもち」がつきあがると、色画用紙の「のり」を巻いたりして参加した親子に振る舞われました。
子どもたちの買い物袋には思い思いの品物がたくさん。皆さん、佳きお正月を迎えられたことでしょう。
今回は12家族33名、赤ちゃんから小学生までのご家族が参加されました。学生スタッフ(1・2年生の計9名)にとっては、さまざまな年齢の子どもたちと関わる貴重な学びの機会となりました。保護者の方からは「廃材を利用してこんなに楽しく遊べることに感動した」との感想をいただきました。
次回は2月4日(土)を予定しています。近くなりましたら大学HPでお知らせいたします。またぜひご参加ください。